Bizloopサーチ

お店やサービスをみつけるポータルサイト

堀内伸浩の「売れる文章」

第4回 お客様が増えるメール、減るメール<その1>

2008年3月26日

 
この記事をはてなブックマークに登録 この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク

3.挨拶ナシ、名乗りナシの、無礼メール

●文中で最初に名乗るのは最低限のマナー

電話の場合、「○○社の××と申します」と、先に名乗るのが当たり前ですが、
メールやFAXになると、そういう基本的なことができていないものが目立ちます。

また、「いつもお世話になっております」とか、
「おはようございます」、「こんにちは」といった挨拶のないメールやFAXも、数多く見受けられるようになりました。

「FAXはともかく、メールの場合は、メールソフトの差出人欄を見れば、誰からのメールなのかはわかるのだから、いちいち名乗る必要はないのでは?」

と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、差出人欄の名前がメールアドレスだけになっていたり、ローマ字で書いてあったりすると、
パッと見ただけでは誰からのメールなのかわからないのが実情です。

また、仮に差出人欄にフルネームが書いてあったとしても、
差出人欄をいちいち見ないで開封してしまう人も多いようです。

だとすると、やはりメールといえども、最初に名乗る必要があるわけです。

いつもお世話になっております。○○株式会社の××です。

少なくとも、これくらいは最低限のビジネスマナーとして、書いておいてほしいものです。

4.丁寧すぎる、肩凝りメール

●借り物の文章は読みたくない

「拝啓 時下ますます〜」で始まったかと思ったら、「貴殿におかれましては」「〜申し上げます」「〜でございます」
「〜いただければ幸甚です」といった難しい言葉が並ぶメールやFAXが、たまに営業マンの名前で来ることがあります。

その度に、私はこう思います。

「これって、あなたの言葉じゃないでしょ!」と。

しかも、こういう硬い文章というのは、読んでいて疲れるんですよね。

会社として出すものであれば、このような丁寧なものでもいいのかもしれませんが、
営業マンが書く文章としては、少々ではなく、かなり硬すぎます。

もちろん、お客様に送る文章は丁寧に書く必要がありますが、丁寧すぎるのも考えもの。

特に、メールでは「拝啓 時下ますます〜」といった挨拶は、使わない傾向にあります。

お客様が読みたいのは、借り物の文章ではなく、あなた自身の言葉で書かれた文章なのです。

今回は以上です。次回もメールマナーの落とし穴について解説する予定です。お楽しみに。

…………………………………………………………………………………………………

●ビジネスメールの基本的なルールとマナーを押さえつつも、
 すぐに使えるビジネスメールの文例が豊富に載っている本をお探しの方へ
 『成功する!「ビジネスメール」入門』
 (堀内伸浩監修/主婦の友社/1,155円) 
 ※詳しくはこちら

●相手の感情に訴えかけるエモーショナル・ライティングをマスターしたい方へ
 『最初の3秒で心をつかむビジネス文章術』
 (堀内伸浩著/日本実業出版社/1,365円)
 ※詳しくはこちら

●文章の基本的なルールが知りたい方へ
 『あたりまえだけどなかなか書けない文章のルール』
 (堀内伸浩著/クロスメディア・パブリッシング/1,365円)
 ※詳しくはこちら

<  1  2  page 2/2

堀内伸浩の「売れる文章」

筆者プロフィール

  • 堀内伸浩
  • 堀内伸浩(ほりうち のぶひろ)
  • 文章コンサルタント

    1965年元旦生まれ。奈良県出身。同志社大学卒業後、食品メーカー、企画編集会社を経て、30歳でマーケティングライターとして独立。現在は、主に中小企業や個人事業主を対象としたチラシDM文章添削塾を主宰する傍ら、チラシDMセミナー講師、ビジネスメール研修講師、さいたま市産業創造財団のチラシDM相談員などを務めている。主な著書に『「書く」マーケティング』『書いて売れ!』『あたりまえだけどなかなか書けない文章のルール』『ビジネスが加速する!すごい名刺』『最初の3秒で心をつかむビジネス文章術』『成功する!「ビジネスメール」入門』などがある。

    堀内伸浩公式サイト
    http://www.elm-p.com/

このページのトップへ

ホーム > Bizloopコラム一覧 > 堀内伸浩の「売れる文章」