Bizloopサーチ

お店やサービスをみつけるポータルサイト

堀内伸浩の「売れる文章」

第9回 伝わる文章、伝わらない文章<その3>

2008年11月18日

 
この記事をはてなブックマークに登録 この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク

こんにちは。文章コンサルタントの堀内伸浩です。
さて、今回は「伝わる文章、伝わらない文章」の3回目です。
では、早速始めましょう!

8.文体は統一しているか?

●文体が混在していると素人っぽい

まずは、文体の統一についてのお話です。

といっても、別に難しい話ではありません。

ごくごく単純な話で、要するに、文章を書くときに下記の点に注意するだけのことです。

1.「ですます調」で書くなら、すべて「ですます調」で
2.「である調」で、書くのなら、すべて「である調」で

「ですます調」と「である調」が混在していると、素人っぽく見えてしまいますので、注意しましょう。

ちなみに、セールスレターの場合は、「ですます調」が基本です。

9.専門用語や業界用語をそのまま使ってないか?

●どうしても使いたい場合は解説とセットで

次は、専門用語や業界用語を使う場合の注意点についてのお話です。

チラシやDM、ホームページに書かれた文章を読んでいると、たまに「これってどういう意味?」という言葉に遭遇するときがあります。

そんなとき、辞書を引いてまで調べるお客様は、はたしてどれくらいいるでしょうか?

あなたは、いかがですか?

少なくとも私は、その言葉を読み飛ばすか、そこで読むのをやめてしまうか、のいずれかです。

         *        *        *

したがって、セールス文章では、専門用語や業界用語は極力使わないこと。

どうしても使わなければいけない場合は、

○○○○(××××××××××という意味)

などと、カッコ書きで解説を入れておくなどの配慮が必要です。

伝わる文章と、伝わらない文章の違い・・・。
それは、こういう些細なところにあるのです。

1  2  >  page 1/2

堀内伸浩の「売れる文章」

筆者プロフィール

  • 堀内伸浩
  • 堀内伸浩(ほりうち のぶひろ)
  • 文章コンサルタント

    1965年元旦生まれ。奈良県出身。同志社大学卒業後、食品メーカー、企画編集会社を経て、30歳でマーケティングライターとして独立。現在は、主に中小企業や個人事業主を対象としたチラシDM文章添削塾を主宰する傍ら、チラシDMセミナー講師、ビジネスメール研修講師、さいたま市産業創造財団のチラシDM相談員などを務めている。主な著書に『「書く」マーケティング』『書いて売れ!』『あたりまえだけどなかなか書けない文章のルール』『ビジネスが加速する!すごい名刺』『最初の3秒で心をつかむビジネス文章術』『成功する!「ビジネスメール」入門』などがある。

    堀内伸浩公式サイト
    http://www.elm-p.com/

このページのトップへ

ホーム > Bizloopコラム一覧 > 堀内伸浩の「売れる文章」