Bizloopサーチ

お店やサービスをみつけるポータルサイト

相手の能力をグッと引き出す「教え方の極意」とは?

第3回 理想的な教え方とは?【PART3】

2008年12月26日

 
この記事をはてなブックマークに登録 この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク

田中省三と申します。

 現在は、コンサルタントとして全国各地で企業研修を担当しつつ、大学の教壇でも学生の指導にあたっています。
 以前は、このサイトで下記のコラムの連載をしていました。
対人関係をよりよくするコミュニケーション・スキル

 前々回から「教え方」というテーマでコラムを書かせていただいています。実践的な内容ばかりですので、ぜひこれからご紹介するスキルを身に着け、教える力を大幅にアップしてください!

理想的な教え方とはどのようなもの?・その3

 では、あなたにとって「理想的な教え方」とはどのようなものでしょうか?
 前回とは別の観点から、明らかにしてみましょう。

 確かに、どれほど教え上手な人でも、生身の人間である以上、教える相手全員を100%満足させることはまず不可能です。でも、そのような現状で、少しでも自分が教えた内容が相手の方に定着する確率を高める方法は何があるか、考えてみましょう。

 仕事のやり方や段取りを教える場面、技術を教える場面など、様々なところで使えます。ぜひ最後までお読みください。

 今回は、次の視点で教え方を考察してみましょう。

 「自分が教える相手は、どこでつまずいているのか?」
 自分が教えている相手は、どのレベルまで達していて、どの段階でつまずいているのかを正確に把握していますか?

 極端な例ですが、九九が分かっていない人に、因数分解を教えるのはまず無理です。まずは、「その教える相手がどこまでマスターしていて、どこから理解できていないのか」を、教える方が解るのが大切です。

 「でも、それはどうしたら解るのですか・・・?」というご質問をよくいただきます。「推測するのですか・・・?」とか、「直感で見抜くのですか?」(笑)などという方もいらっしゃいます。

 そんなに難しく考えないでください。簡単に解る方法がありますから。簡単すぎて、多くの方が見落としているだけなのです。それは、「どこが解らないかを、教える相手に尋ねる」ということです!

 たったこれだけのことですが、言葉できちんと伝え合うことが以外にできていない場合が少なくないのです。お互いなんとなく解り合っているつもりで、ごまかしているケースが案外多いのです。

 「解らないのは、恥ずかしいことではない。そのままにしておくことの方が恥ずかしいことだ。」ということをちゃんと伝えて、勇気をもって「ここが解らない!」という部分を答えてもらいましょう。

 次のような言葉もあるわけですからね。
 「聞くは一時の恥、聞かぬは末代の恥」
 (他人に聞くのが恥かしいからといって、知らないことをそのままにしておくと、一生知らないままになり、その恥は後の世までの大きいものになる。[広辞苑第五版])

「でも、なかなか本音を言ってくれないのですよ・・・。」という声が聞こえてきそうなので、もう少し解説しますね。

1  2  >  page 1/2

相手の能力をグッと引き出す「教え方の極意」とは?

対人関係をよりよくするコミュニケーション・スキル

筆者プロフィール

  • 田中省三
  • 田中省三
  • 国立大学法人・愛媛大学・客員准教授
    (神奈川県在住のため、集中講義のみ担当)
    プレゼンテーション専門コンサルタント
    トータル・エデュケイションズ株式会社 代表取締役。

    兵庫県伊丹市出身。子どもの頃は、内気でいじめられっ子で、人と話すのが大の苦手だった。それを克服するために、学生時代から様々な心理学やカウンセリング、コミュニケーション・スキルなどを猛勉強。 その後苦手を克服し、河合塾など大手予備校講師として全国を飛び回るまでになる。現在は、東海大学チャレンジセンター准教授を経て、現職。 現在は、大手一部上場企業〜中小企業の研修・講演・セミナー・大学などで、プレゼンテーションの極意や、コミュニケーション・スキルを教える。 最近は一般企業だけでなく、日本ユネスコ協会、国立教育政策研究所、国立循環器病センターなどで、教え方を教える。
    将来の夢は、子どもたちがワクワクしながら自分の大好きなことを伸ばせる学校を創ること。

    「無料メールマガジン・プレゼンテーションの極意」はこちら
    http://www.tanakashozo.com/

    田中省三のブログ
    http://ameblo.jp/presemi/

このページのトップへ

ホーム > Bizloopコラム一覧 > 相手の能力をグッと引き出す「教え方の極意」とは?