Bizloopサーチ

お店やサービスをみつけるポータルサイト

齊藤正明の「意見がドンドン出てくる会議のやりかた」

第5回 意見がたくさん出てくるための根本対策とは?

2008年5月15日

 
この記事をはてなブックマークに登録 この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク

●アイデアを、「承認する」のと「理解する」のは、全く別もの

こう申し上げると、「社員の意見を全部認めていたら、いつまでたっても意思決定ができないのでは?」と、言われる事があります。

しかし、そんな事はありません。対策はあります。

まず、『社員から出てくる意見を認める』という事について少し解説をします。

『社員から出てくる意見を認める』と言うと、どうしても「出てきた意見を承認する」というイメージがあるようです。だから、「本当に全部の意見を認めてしまっていいのだろうか?」と思ってしまうのです。

でも、この場合の『社員から出てくる意見を認める』というのは、あくまでも社員の言った『日本語の理解』に過ぎません。決して、その案を実行するという意味ではないのです。

ですから、最初はとにかく実現できるかどうかは度外視して、多くの意見を集めます。
アイデアが出尽くした頃、「じゃ、たくさん意見が出たけど、この中から一番いいアイデアはどれか絞っていこう」と言えば、社員が自分たちで話し合い、最適なアイデアを決めてくれます。

つまらないアイデアが出ると、つい「そんな意見しかでないのか!」と言いたくなる気持ちはわかりますが、その気持ちを抑えていると、周りの社員達も「おっ、今日の部長は話を聞いてくれているみたいだ、これなら思っている事を言ってみよう」という気になってきます。

社員は、すぐには発言をしてくれないかもしれませんが、最初の何回かの会議では辛抱強く、数少ないながらも出てきた意見を認めてあげると、徐々に意見の数は増えてきます。

●アイデアを、「承認する」のと「理解する」のは、全く別もの

「社員からアイデアを出すには、口をはさまずに聞くことが大事」、そんな事は前からあなたも充分承知だと思います。

でも、つまらない意見が出てきた時には、ついイラッとして文句を言いたくなる時があると思います。そんな時は、「CMを作る時には800個のアイデアが必要」という事を思い出し、「つまらない意見も必要なんだ」と理解をしてみてください。

また、つまらない意見を「いい意見だね」とは言えなくても「なるほど」と言い、相手の言った日本語の意味だけを理解してあげてください。

このような考え方をする事で、社員から意見がたくさん出てくる「環境」ができてきます。「環境」ができればやがて自然に意見がでてきますので、勇気がいる事かもしれませんが挑戦をしてみてください。


【 会議術セミナーのご案内 】

近日、一般公開で行う会議術セミナーは、下記の通りです。

6月 5日(木) 19:00〜21:00
題名:ファシリテーター体験セミナー
場所:志縁塾セミナールーム
JR東京駅から徒歩10分
   東京メトロ宝町駅から徒歩1分
   東京メトロ京橋駅から徒歩3分
費用:3,000円
詳細は、コチラを押してください
http://www.shienjuku.com/event/archives/2008/06/_1900_13.html

[ 2008年5月15日 ]

<  1  2  page 2/2

齊藤正明の「会議がスムーズに進む議事次第の作り方シリーズ」

齊藤正明の「会議室にいる!困った人対策シリーズ」

齊藤正明の「意見がドンドン出てくる会議のやりかた」

筆者プロフィール

  • 齊藤正明
  • 齊藤正明(さいとう まさあき)
  • 会議コンサルタント

    大学卒業後、メーカーの研究所にて勤務。 勤務先の研究所では、会議や意思決定の方法が統一されていなかったため不合理な指示が多く、理由がわからないままマグロ船に1航海乗せられるなどされるうち、体調を壊し1ヶ月の休職。それを期に、社員ひとりひとりの能力が発揮できるような、自由に意見交換ができる話し合いの場を作りたいと決意し、会議コンサルタントとなる。
    現在、一部上場企業から中小企業までの会議改善の指導を行い活躍している。

    齊藤正明公式サイト
    http://www.nextstandard.jp/

    廣済堂あかつきにて、昆虫のコラム
    『猛省キリギリス』も連載中!
    コラム『猛省キリギリス』

このページのトップへ

ホーム > Bizloopコラム一覧 > 齊藤正明の「意見がドンドン出てくる会議のやりかた」