Bizloopサーチ

お店やサービスをみつけるポータルサイト

齊藤正明の「会議室にいる!困った人対策シリーズ」

第3回 同じ話を繰り返す人を傷つけないで止めてもらう方法とは?

2008年8月20日

 
この記事をはてなブックマークに登録 この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク

●手順3 他の人に意見をふる

手順1と2は、「あなたの意見はちゃんと聞いていますし、たしかに重要ですよね!」という、発言が長い人に対して満足感を与える働きかけでした。

手順3では、会議をスムーズに運ぶよう他の人に意見をふり、同じ人に発言が集中しないようにしてあげる事です。

そのために、「では、他の意見はいかがでしょうか?△△さん、何かありますか?」のような形で、これまで発言が多くなかった人に意見を求めると効果的です。

こちらの方で指名して意見を求めないと、また先ほどの話が長かった人が話し始める可能性がありますので、注意が必要です。

●話を中断させる小技

長い話を止める場合、以下の2つの小技も有効です。

〇計を見る

話が長い人がぎりぎり気づく程度に、腕時計をチラッと見ます。案外高い確率で「あっ、手短にまとめますね」と自ら言ってくれます。
ただし、あまりあからさまに時計を見ると、いやみになるので気を付けて下さい。

△發里鰺遒箸

ノートなど、音が鳴りやすい小物を机から落とすのも有効です。
比較的大きな音のおかげで話が中断し、うまく話の切れ目ができます。それにより話が長い人は、自ら自分の話のまとめに入ってくれる事が多いです。

●まとめ

話が長い人の話が長い一番の理由は、「もっと自分を認めてほしい」という欲求です。
ですから、それを満たしてあげるような進行を行うと、徐々に相手の話は適切な長さになっていきます。

具体的な対策の手順は、下記の通りでした。

結論部を反復してみる

相手が話している結論と思われる部分を、推測して手短にまとめてみます。
この時、手短にまとめすぎない事も注意点でした。

承認する

相手の発言内容について、「それは大事な事ですよね!」と、承認をする。
承認により、発言者は精神的な満足を得ます。

他の人に意見をふる

発言がまだ少ない人に、発言を促してあげます。

以上のように、話が長い方に対しても尊重するような対応をして、誰も傷つかず楽しい議論の場になると、会議は非常に活性化します。

どうぞ、お試し下さい。



【 会議術セミナーのご案内 】

近日、一般公開で行う会議術セミナーは、下記の通りです。

9月12日(金) 19:00〜21:00
題名:ファシリテーター体験セミナー
場所:志縁塾セミナールーム
    JR東京駅から徒歩10分
    東京メトロ宝町駅から徒歩1分
    東京メトロ京橋駅から徒歩3分
費用:3,000円
詳細は、コチラを押してください
http://www.shienjuku.com/event/archives/2008/09/_1900_16.html

<  1  2  page 2/2

齊藤正明の「会議がスムーズに進む議事次第の作り方シリーズ」

齊藤正明の「会議室にいる!困った人対策シリーズ」

齊藤正明の「意見がドンドン出てくる会議のやりかた」

筆者プロフィール

  • 齊藤正明
  • 齊藤正明(さいとう まさあき)
  • 会議コンサルタント

    大学卒業後、メーカーの研究所にて勤務。 勤務先の研究所では、会議や意思決定の方法が統一されていなかったため不合理な指示が多く、理由がわからないままマグロ船に1航海乗せられるなどされるうち、体調を壊し1ヶ月の休職。それを期に、社員ひとりひとりの能力が発揮できるような、自由に意見交換ができる話し合いの場を作りたいと決意し、会議コンサルタントとなる。
    現在、一部上場企業から中小企業までの会議改善の指導を行い活躍している。

    齊藤正明公式サイト
    http://www.nextstandard.jp/

    廣済堂あかつきにて、昆虫のコラム
    『猛省キリギリス』も連載中!
    コラム『猛省キリギリス』

このページのトップへ

ホーム > Bizloopコラム一覧 > 齊藤正明の「会議室にいる!困った人対策シリーズ」