Bizloopサーチ

お店やサービスをみつけるポータルサイト

齊藤正明の「会議室にいる!困った人対策シリーズ」

第4回 周りに流される人に、自分の意見を言ってもらう方法とは?

2008年9月19日

 
この記事をはてなブックマークに登録 この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク

●意見が周りに左右されてしまう根本原因

意見が周りの人に左右されてしまう根本の原因は、『傷つけられる恐怖心』です。

過去にオリジナルの意見を伝えたとき、「そんなアイデア、使えるわけがないじゃないか!」と言われたり、 「もっとまともな意見はないのかね?」と傷つけられると、人は「だって斬新な意見を出せって言ったじゃないか・・・」と思い、 心の中で“不満”と“傷つけられたショックの気持ち”で一杯になります。 そうなりますと、「どうせ斬新な意見なんて受け入れられないのだから、役職者の言う事に賛成して、 早くつまらない会議を終わらせよう」という気分になるのです。

●オリジナルの意見がたくさん出る根本対策

先ほどお話した通り、オリジナルの意見が出ない原因は、過去に傷つけられた事による不満とショックです。

ですから出てきた意見は最初の段階では否定せず、とにかくアイデアを並べるという感覚でいてください。

アイデアが出尽くした所で、「たくさんいい意見が出たので、この中から絞ろうか」と、提案し、ここからはじめて意見を絞り込んでください。

そうすれば、「この意見は視点がいいけど、ちょっと予算が難しいよね」というように、
意見の中身についてだけ批評ができ、意見を言った人を批判しないで済みます。

意見の中身について批評する事は大事ですが、意見を言った人まで批評してはいけません。
そのために、“意見を出すだけ出す段階”と、“意見を絞る段階”に分けるのです。


昔、ダンゴムシを手でつまんだ時を覚えていますか?

ダンゴムシは、手で掴んでいるうちはボール状になって身を守ります。しかし、手のひらに乗せて刺激を与えなければ、自然にまた歩き出します。

それと同じで、意見を言ってくれた人を批判し過ぎる事は、ダンゴムシに刺激を与え続けているのと同じで、いつまでも自分の意見を出させない行為と言えます。

どんな発言でも、いったんは受け止めてもらえるような会議の環境を是非作ってみてください。



【 会議術セミナーのご案内 】

近日、一般公開で行う会議術セミナーは、下記の通りです。

10月15日(水) 19:00〜21:00
題名:ファシリテーター体験セミナー
場所:志縁塾セミナールーム
    JR東京駅から徒歩10分
    東京メトロ宝町駅から徒歩1分
    東京メトロ京橋駅から徒歩3分
費用:3,000円
詳細は、コチラを押してください
http://www.shienjuku.com/event/archives/2008/10/_1900_17.html

<  1  2  page 2/2

齊藤正明の「会議がスムーズに進む議事次第の作り方シリーズ」

齊藤正明の「会議室にいる!困った人対策シリーズ」

齊藤正明の「意見がドンドン出てくる会議のやりかた」

筆者プロフィール

  • 齊藤正明
  • 齊藤正明(さいとう まさあき)
  • 会議コンサルタント

    大学卒業後、メーカーの研究所にて勤務。 勤務先の研究所では、会議や意思決定の方法が統一されていなかったため不合理な指示が多く、理由がわからないままマグロ船に1航海乗せられるなどされるうち、体調を壊し1ヶ月の休職。それを期に、社員ひとりひとりの能力が発揮できるような、自由に意見交換ができる話し合いの場を作りたいと決意し、会議コンサルタントとなる。
    現在、一部上場企業から中小企業までの会議改善の指導を行い活躍している。

    齊藤正明公式サイト
    http://www.nextstandard.jp/

    廣済堂あかつきにて、昆虫のコラム
    『猛省キリギリス』も連載中!
    コラム『猛省キリギリス』

このページのトップへ

ホーム > Bizloopコラム一覧 > 齊藤正明の「会議室にいる!困った人対策シリーズ」