Bizloopサーチ

お店やサービスをみつけるポータルサイト

飲食店・専門店のための経営戦略

第1回 店舗におけるインターネット活用

2009年5月1日

 
この記事をはてなブックマークに登録 この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク

皆さま、はじめまして。
店舗経営コンサルタント、インターネット戦略アドバイザーの坂上哲也、です。

昨今の100年に一度と言われるほどの大不況により「物やサービスが売れない」という店舗が多くなってきていますが、実はインターネット経由での取引は好調で、ネット通販大手の楽天とヤフーの昨年12月の取引高は過去最高を記録しています。

ネットショップと実店舗の違いとは?

このようなネット通販業界が好調な理由について、不況下では家にいることが多くなるために「巣篭もり消費」が増えたとの見方もありますが、そればかりではなく、店頭で商品を見ていきなり購入するといったいわゆる「衝動買い」ではなく、店頭で実物を確認した後、家に帰ってからインターネットで価格や特典などを比較して、よりお得な買い物をするために、実際に購入する店舗を吟味するようになったからだとも考えられます。

だからと言って、直ぐにネット通販に参入するのは早計です。他店でも取り扱っている商品を同じような方法で売ろうとすれば、先ず他店よりも安い価格で提供しなければなりません。

インターネットを使えば、対象の商品を検索し価格の比較をすることなど簡単にできます。

ネットショップを開店すれば放っておいても勝手に売れるように思っている経営者が驚くほど多いのですが、ネットショップも実店舗と同様に集客やリピーター獲得には知恵を絞る必要があり、思うほど簡単に売れるものではありません。

認知度が高くブランド力のある商品の場合は検索されるニーズも高いためにネットショップへの集客はそれほど難しくないですが、競合も多いために他店よりも価格やサービスが優位でないと売上にはつながりません。

逆に認知度が低くブランド力のない商品の場合では、商品名やブランド名で検索されることはほとんどあり得ませんので、ネットショップへの集客に苦労するばかりでなく、仮に集客できたとしても初めて知った商品を誰が運営してるいのか分らないネットショップで購入するはずもありません。

商品価格が高額であればあるほどそうであり、ましてや素材の質感や色合いが微妙な商品だったり、味や匂いがするものなど、インターネットで商品の特性を充分に伝えることが難しい商品であればなおさらです。

出店するときの経費が実店舗より安いというメリットはありますが、ネットショップでは顔が見えないばかりでなく、リアルタイムな接客対応が出来ませんので、かえって実店舗より運営が難しく、梱包や発送などの手間が増える場合が多いです。

また、大手ショッピングモールに出店したり、カード決済やコンビニ払い等のシステムを導入したりすれば、それらに対する手数料が発生することも考えておかなければならず、星の数ほどあるネットショップのなかで自店を目立たせるためには広告を打ったり、プレゼントや割引キャンペーン等を開催しなければ、なかなか売上に繋がらないということもあり、その分の経費がかさみ売上はあるが利益が少ないというケースも少なくありません。

売上を伸ばすためにインターネットを活用するのであれば、必ずしもネット通販とイコールと考える必要はありません。インターネットを活用して実店舗に集客することも出来るし、常連客に対してのサービス向上に役立てることも出来ます。メールマガジンやブログ等を利用して、新着情報、キャンペーンやイベントなどを告知すれば、顧客にとってのメリットも大きいでしょう。

したがって、ネットショップを運営することだけではなく、売上を伸ばすためには経営全般において何をどう改善すればよいのか、そのためには何が必要なのかを徹底的に洗い出し、そのうえでインターネットをどう経営に活用するべきかといったことを先ず考えることです。

思いつきで闇雲にインターネットを経営に活用しようとするのではなく、しっかりとしたインターネット戦略を練るために時間を掛けることが重要です。

  page 1/1

飲食店・専門店のための経営戦略

筆者プロフィール

  • 坂上哲也、
  • 坂上哲也、(さかがみ てつや)

  • 店舗経営コンサルタント
    インターネット戦略アドバイザー

    バブル経済崩壊後の不況の中28歳で建築士として独立起業したが、建築業界への不安とインターネットへの将来性を感じ2000年にIT業界に転身。中小・小規模企業および店舗を対象に、IT導入支援、Webサイトの企画・診断・作成およびサポート業務を開始。
    現在では、様々な業種のWebサイトの運営サポートを行う中で得られたインターネットとリアルを融合した独自の経営戦略により、飲食店・専門店に特化した経営改善支援を主業務とする他、横浜経営支援センターでインターネット活用の講師を務めている。

    坂上哲也、公式サイト
    http://sakagami.org/
    http://www.emaid.co.jp/

    横浜経営支援センター
    http://www.jmca.or.jp/msc/yokohama/

このページのトップへ

ホーム > Bizloopコラム一覧 > 飲食店・専門店のための経営戦略