かわさきの魅力、再発見!

第4回 「音楽のまち・かわさき」

この記事をはてなブックマークに登録 この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク

「音楽のまち・かわさき」

「音楽のまち・かわさき」推進協議会

2004年、市制80周年を迎えた川崎市では、「音楽のまちづくり」がスタートしました。

「音楽のまちづくり」は、川崎市内にある複数の音楽学校や音楽研究機関、4つの市民オーケストラ、150を超える市民合唱団などの川崎市内にある数多くの音楽資源を活用して、音楽にかかわる情報の発信、関連産業や人材の育成を行うことで、社会的経済的に幅広い効果をもたらす「まちづくり」を推進し、「音楽のまちづくり」によってできた新たな都市イメージを国内外に発信することを目的としています。

この「音楽のまちづくり」で中心となって活動しているのが「音楽のまち・かわさき」推進協議会で、川崎市内の音楽関係者・メディア・行政などが一体となって、ヾ霹廚鼎り∋唆反橋臭裾野拡大だ鑪的情報発信を基本方針として様々な活動を行っています。

川崎市内で行われている音楽関係のイベント情報やイベントレポートなどを知りたいときは、「音楽のまち・かわさき」のホームページやメールマガジン、広報紙「Kawasaki Music プチ Magazine」などでご覧になれます。

川崎市内で行われるコンサート&音楽関係のイベント情報はこちら

マスコットキャラクター「かわさきミュートン」

続いて、「音楽のまち・かわさき」に欠かせないものといえば、「音楽のまち・かわさき」のマスコットキャラクター、「かわさきミュートン」です!

皆さんは、「かわさきミュートン」を知っていますか?

かわさきミュートンは、ミューザ川崎シンフォニーホールとミュージックの「ミュー」と、モチーフである「ト音記号」の「トン」にかわさきを合わせた名前で、「音楽のまち・かわさき」の活動には欠かせない愛すべきキャラクターです。

かわさきミュートン

ミュートンには川崎市内の様々な音楽イベントで会うことができます。ミュートンを見かけた時には、ぜひ声をかけてあげてください。きっと喜びますよ。

また、たくさんのかわいいミュートングッズもありますので、手に入れてみてはいかがでしょうか?
※ミュートングッズは、ミューザショップ、川崎市市民ミュージアム、tvkショップなどでお買い求めいただけます。

ミューザ(MUZA)川崎シンフォニーホール

ミューザ川崎

「音楽のまち・かわさき」のシンボル、ミューザ川崎シンフォニーホールは、2004年7月に誕生しました。

ミューザ川崎シンフォニーホールは、最先端の音響システムを使った音響の良さが評判のワインヤード形式(アリーナ型)の音楽ホールです。
現在も川崎市のフランチャイズオーケストラである東京交響楽団の定期公演をはじめとした、たくさんのクラシックコンサートが開催されています。

また、なんと言ってもミューザ川崎シンフォニーホールといえば、「パイプオルガン」。
このパイプオルガンは5,248本のパイプ数を誇り、多彩な音色と高い機能性を持っています。
笙・尺八といった日本の楽器をイメージした音色まで出せる高機能なパイプオルガンは、様々なジャンルの作品演奏に対応でき、そしてミューザ川崎シンフォニーホールのシンボルとして市民に親しまれています。

川崎市の音楽教育機関

川崎市には複数の音楽教育機関があり、たくさんの学生が未来の演奏家を目指して勉強をしています。

◆昭和音楽大学(川崎市麻生区)
昭和音楽大学は、「礼・節・技の人間教育」を理念とした人と人との関わり方の基本を身につけた社会性のある人間の育成に努めています。
学内には本格的な劇場「テアトロ・ジーリオ・ショウワ」があり、学生によるオペラ、バレエ、ミュージカルなどが開催されています。

◆洗足学園音楽大学(川崎市高津区)
洗足学園音楽大学は、「理想は高遠に、実行は卑近に」という建学精神に基づき、豊かな人間性を養うことを重視した教育を行っています。
学内には音響を重視したシューボックス型コンサートホールである「前田ホール」があり、学生によるオーケストラ、吹奏楽、ジャズ、室内楽など様々な演奏会が開催されています。

◆ヤマハ音楽院(川崎市中原区)
ヤマハ音楽院は、財団法人ヤマハ音楽振興会が、1970年に三重県合歓の郷に設立したポピュラー音楽学校「ネム音楽院」からスタートしました。
現在は音楽指導者の育成に力を注ぎ、高い指導能力を兼ね備えたヤマハ音楽教育システムの講師育成を目指しています。

川崎市最大の音楽イベント!「アジア交流音楽祭」

2日間、川崎がASIAに染まる!

4月18日(土)・19日(日)の二日間、「音楽のまち・かわさき アジア交流音楽祭 ASIAN HEALING 2009」が川崎で開催されます。

川崎市では、韓国や中国などアジアの多彩な文化が共生する川崎の特長を、音楽を通じて活かそうと、2005年から「音楽のまち・かわさき アジア交流音楽祭」を開催しており、今年で5回目の開催となります。

メイン会場となる、ミューザ川崎シンフォニーホールでは、今年も日本・韓国・中国から第一線で活躍するアーティストが集い、"ASIAN HEALING"をテーマ に文化や音楽のジャンルを超えた多彩なステージを演出します。

◆主な出演予定アーティスト(チケットは各プレイガイドにてお求めください)
 ・RAG FAIR(ラグフェア)
 ・吉俣 良(よしまた りょう)
 ・JONTE(ジョンテ)
 ・やなわらばー
 ・alan(アラン)
 ・Jisong(ジソン)

また、商業施設「ラ チッタデッラ」や ショッピングモール「ラゾーナ川崎プラザ」、東口商店街など川崎駅周辺では、過去最大規模の7カ所で、無料コンサート「交流ステージ」を同時開催し、 日本をはじめ、韓国や中国、ベトナム、タイ、ネパールなどのアジア各国のアーティストによる伝統的民俗音楽から現代のポップス系まで、様々なジャンルのライブステージが繰り広げられます。

また、同時に商店街、飲食店などでは、アジアの様々な味や雑貨が楽しめる「かわさきアジアンフェスタ」が開催され、川崎駅周辺は2日間アジアンムード一色!
アジアの音楽と、美味しい料理を心行くまで堪能できますので、ぜひ足を運んでくださいね!

「アジア交流音楽祭 ASIAN HEALING 2009」の公式サイトはこちら

このように、川崎では街全体が音楽と非常に深い関わりをもち、たくさんのイベントや文化などが根付いています。
ますます「音楽のまち・かわさき」から目が離せません!

page 1/1

かわさきの魅力、再発見!

ミューザ川崎シンフォニーホール

「ミューザ川崎シンフォニーホール
 〒212-8557
 神奈川県川崎市幸区大宮町1310番地
 TEL:044-520-0100 FAX:044-520-0103

「音楽のまち・かわさき」推進協議会
 〒212-8554
 神奈川県川崎市幸区大宮町1310番地
 ミューザ川崎セントラルタワー5階
 TEL:044-544-9641 FAX:044-544-9647

このページのトップへ

ホーム > かわさきの魅力、再発見!第4回 「音楽のまち・かわさき」

関連サイト