Bizloopサーチ

お店やサービスをみつけるポータルサイト

> > 〜西日本豪雨、給水車もまだ来ず〜サイエントロジー災害救助グループが避難者の...

 企業の動向 2018/07/10

〜西日本豪雨、給水車もまだ来ず〜サイエントロジー災害救助グループが避難者の多い広島・岡山に派遣!!!

特定非営利活動法人イマジン この会社名で別のリリースも検索

西日本豪雨による水害で126人が死亡し平成水害では最悪とされている中、何か打つ手があるをメッセージにこれまでも9.11同時多発テロや、スマトラ沖地震、ハイチ地震、東日本大震災や熊本地震など多くの現場で被災者を助けてきたサイエントロジー災害救助グループが広島・岡山に人員を派遣し救援活動を開始しています。

 西日本豪雨による水害で126人が死亡し平成水害では最悪とされている中、何か打つ手があるをメッセージにこれまでも9.11同時多発テロや、スマトラ沖地震、ハイチ地震、東日本大震災や熊本地震など多くの現場で被災者を助けてきたサイエントロジー災害救助グループが広島・岡山に人員を派遣し救援活動を開始しています。

 2011年の東日本大震災を襲った地震の復興救援活動を行った災害救助グループは、数か月に渡る活動によって合計数万人以上の人々に救援の手を差し伸べており、その際にも効果的な救助法が用いられ、災害による精神的ショックからの解放や疲労回復の手助け、ストレス軽減に役立てられました。

 現地では「給水車もまだ来ておらず、それが来たら水をくんできてくれると助かる」「お年寄りが一人で片づけているのを助けてあげてほしい」など切実な助けを求める声が出ています。また、プロパンのタンクが横たわったままの状態で放置されていたりと、二次被害の恐れもあるという情報も入ってきています。

 サイエントロジー災害救助グループは、アメリカの人道主義者L.ロンハバード氏によって開発された疲労回復に役立つ手法「アシスト」をはじめ、人間関係上の困難のヒントや救援等、様々な分野における適用可能な具体的な方法手段を用いてボランティアを行うグループであり、世界中にネットワークがあります。それらの手法はとてもシンプルで習得しやすいため、誰でもその方法を学んで、他の人にも助けを与えることができる。まさに実践的なボランティア技術といえます。

 現在、日本各地でこのようなボランティア技術を学ぶ移動式テントを使ったイベントを開催し、体験フェアを開催しています。今回も7月22日(日)にぽっぽ町田イベント広場にて9.11の後のグラウンドゼロや東南アジアの津波、カタリナハリケーン、阪神・淡路大震災や新潟中越地震、東日本大震災などを含む災害ケースにこれまで奉仕してきた活動の紹介や、緊急時だけでなく日常生活でも役立つ私たちの効果的な技術の紹介なども行います。


 特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っております。また、国際サイエントロジー災害救助グループも応援します。 




関連URL:https://www.value-press.com/pressrelease/204533

提供元:プレスリリース

Bizloopサーチとは?

Bizloop(ビズループ)サーチは、商品・サービス・店舗検索ができるポータルサイトです。あなたの会社の商品・サービスも無料で掲載することができます。
掲載料金は無料です。

新規登録ログイン