Bizloopサーチ

お店やサービスをみつけるポータルサイト

> > 京都府舞鶴市、8月1日から「舞鶴赤れんがサマーフェスティバル」を舞鶴赤れんが...

 告知・募集 2018/07/27

京都府舞鶴市、8月1日から「舞鶴赤れんがサマーフェスティバル」を舞鶴赤れんがパークで開催!牛肉グルメが揃う「文明開化の牛肉祭」(8月4日・5日)が目玉企画!

舞鶴市 この会社名で別のリリースも検索

京都府北部に位置し、日本海に面する海軍ゆかりの“赤れんがのまち”舞鶴市は、人気観光スポットの舞鶴赤れんがパークで、子供から大人まで楽しめる夏のスペシャルイベント「舞鶴赤れんがサマーフェスティバル」を平成30年8月1日(水)〜15日(水)まで開催します。今回の目玉は、8月4日(土)と5日(日)の2日間実施する「文明開化の牛肉祭」と、8月10日(金)〜15日(水)に実施する「赤れんがこどもワンダーランド」です。前半の「文明開化の牛肉祭」では、明治150年にちなんで“明治といえば肉食文化”をキャッチフレーズに、《牛肉》にこだわった牛肉グルメが縁日のような気分で気軽に味わえます。

平成30年7月27日

舞鶴市観光まちづくり室観光商業課

###############################

海軍ゆかりの赤れんがのまち・舞鶴

家族、カップル、グループで一日楽しめる

真夏のスペシャルイベント

「舞鶴赤れんがサマーフェスティバル」

8月1日(水)〜15日(水)まで、舞鶴赤れんがパークで開催!

《牛肉》にこだわったグルメが揃う

 「文明開化の牛肉祭」(8月4日・5日)でお腹も満足!

期間中、海軍の艦船内で作られていた「ラムネ」を、

 舞鶴オリジナルの「海軍ラムネ」として販売!

###############################

 京都府北部に位置し、日本海に面する海軍ゆかりの“赤れんがの

まち”・舞鶴市(市長:多々見良三)は、人気観光スポットの舞鶴

赤れんがパーク(所在地:舞鶴市字北吸1039-2)を会場に、子供

から大人まで楽しめる夏のスペシャルイベント「舞鶴赤れんが

サマーフェスティバル」を、平成30(2018)年8月1日(水)〜

15日(水)まで開催します。時間は10時〜18時、入場料は無料。

一部の屋外イベントを除き雨天決行、荒天中止です。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0MDEwNiMyMDU0NjgjNDAxMDZfWkNWZmpUbG1VTS5qcGc.jpg ]

 今回の「舞鶴赤れんがサマーフェスティバル」の目玉は、前半の

8月4日(土)と5日(日)の2日間実施する「文明開化の牛肉祭」

と、後半の8月10日(金)〜15日(水)に実施する「赤れんが

こどもワンダーランド」です。

 前半の「文明開化の牛肉祭」では、護衛艦が見える芝生広場に

グルメ屋台やキッチンカーが集合し、明治150年にちなんで“明治

といえば肉食文化”をキャッチフレーズに、《牛肉》にこだわった

ステーキ、串焼き・串カツ、カレー、ハンバーガー、コロッケ、

お好み焼などの牛肉グルメが、縁日のような気分で気軽に味わえ

ます。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0MDEwNiMyMDU0NjgjNDAxMDZfUnFJY3hXcEluSC5qcGc.jpg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0MDEwNiMyMDU0NjgjNDAxMDZfaUZJY2hWZWFyUC5qcGc.jpg ]

 後半の「赤れんがこどもワンダーランド」では、小さなお子さん

も楽しめるアトラクションを揃えました。特に、8月11日(土)と

12日(日)の2日間は、屋外にプールを設置して、水の上を巨大な

ボールの中に入って歩いたり転がったりできる、暑い夏にピッタリ

のウォーターアトラクション「アクアボール」が楽しめます。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0MDEwNiMyMDU0NjgjNDAxMDZfWFpob0dRdEl4US5KUEc.JPG ]

 また会場では、「日本遺産」にまつわるクイズラリー、音楽

ライブ、大道芸人によるパフォーマンスなどが楽しめるほか、

かんきつ類の果汁を炭酸水で割った“海軍ゆかり”のドリンク

「ラムネ」(※1)をアレンジし、工夫をこらした

舞鶴ならではの「海軍ラムネ」を、会場内の7店舗で販売します。

価格は1杯(または1本)250円(税込)〜。店舗ごとに

オリジナリティあふれる「海軍ラムネ」を飲み比べてください!

※1)『海軍』と『ラムネ』について

 一見して何の関係もなさそうな『海軍』と『ラムネ』ですが、

その背景には驚くべきエピソードがあったのです。

そのエピソードとは・・・

 ヨーロッパ諸国の新航路開拓が進んだ大航海時代。長期にわたる

航海を続けていた船乗りたちは、皮膚や粘膜から出血し、やがて

死に至るという原因不明の病に苦しんでいました。16世紀、

喜望峰をまわったポルトガルの探検者であるバスコ・ダ・ガマの

船団では、その病で半分の乗組員が死亡したといわれています。

 イギリス海軍は、かんきつ類を摂取すると原因不明の病が

発症しにくいという経験則に着目し、水兵たちに「レモン」を

与えたところ、病の発症を防ぐことができました。その後、

イギリス海軍は、軍艦の消火設備として設置していた炭酸ガス発生

装置を活用し、水兵の嗜好品として、「レモネード」と呼ばれる

レモン果汁を炭酸水で割った炭酸レモン飲料を製造しました。

当時の医学では、病の原因がわかりませんでしたが、20世紀に

なってから【ビタミンC不足】による「壊血病」であると

判明しました。

 日本と同じ島国のイギリス海軍を手本にしていた旧海軍は、

英語の「レモネード」が訛って伝わった「ラムネ」を導入。

壊血病の予防と共に、無色透明で清涼感のある飲み物として定着

させ、日本人が好むよう工夫が施されたことから、艦船ごとに味の

異なるラムネが誕生しました。

 ガラス玉が入った瓶のデザインは、船上での使いやすさを追求

したことから生まれたもので、旧海軍には、ラムネの製造と共に

ラムネ瓶の意匠も伝えられました。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0MDEwNiMyMDU0NjgjNDAxMDZfcFpuS0FNRmxxYS5qcGc.jpg ]

【「舞鶴赤れんがサマーフェスティバル」概要】

催事名称

 「舞鶴赤れんがサマーフェスティバル2018」

  ※一部の屋外イベントを除き雨天決行、荒天中止

場所

 舞鶴赤れんがパーク

所在地:

 〒625-0080京都府舞鶴市字北吸1039-2

交通アクセス:

 JR京都駅から山陰本線、舞鶴線で約1時間40分(特急)、

 JR東舞鶴駅から徒歩10分

期間

 平成30(2018)年8月1日(水)〜15日(水)

時間

 10:00〜18:00

入場料

 無料

内容

 ■文明開化の牛肉祭

 日時:8月4日(土)・5日(日)10:00〜18:00

 場所:海側芝生広場(屋外)

 販売メニュー、料金、出店店舗(予定):※料金はすべて税込

 ・京都舞鶴肉じゃがコロッケ〔120円〕

  (まいづる肉じゃがまつり実行委員会)

 ・牛めし〔500円〕、カレーギュウ〔600円〕(松屋フーズ)

 ・牛大トロホルモン串、牛カルビステーキ串〔各500円〕

  (幸福亭)

 ・ビーフカレー〔500円〜〕(吟味屋まんぼう)

 ・カリカリサクサク“府中焼”〔500円〕

  (広島お好み焼 ぬらりくらり)

 ・牛肉丼 上、特上、極上〔1,500円〜〕

  (ひょうご贅沢丼 弘助)

 ・ローストビーフ丼〔500円〕、

  ハンバーグフォンデュバーガー〔800円〕

  (アメイロ ビストロ アルル)

 ・串カツセット(牛、ほか)〔400円〕、

  牛そぼろ入りおにぎり〔300円〕(旬彩酒場しゅう)

 ・牛ステーキ〔800円〕、牛・チキコンビ〔1,000円〕

  (楽飯工房 八龍亭‐PARRONTEI‐)

 ・れんが風ステーキ れんが盛、青葉盛、富士山盛〔600円〜〕

  (肉食ライオン)

 ■赤れんがこどもワンダーランド

 期間:8月10日(金)〜15日(水)10:00〜17:00 

    ※10日は12:00〜

 場所:赤れんが5号棟(屋内)

 アトラクション内容:

 ・ニンジャ迷路

  忍者のお城をモチーフにした迷路に隠されたニンジャ

  アイテムのスタンプを探し出してゴールする迷路ゲーム。

 ・キックダーツ

  巨大エアダーツにマジックテープ付きのボールを蹴って得点を

  競うダーツゲーム。

 ・エアカーニバルバスケ

  ビニール製のボールをゴールに入れるバスケットゲーム。

 ・ボールプール

  プールに浮かんだスーパーボールやおもちゃをすくって

  楽しむアトラクション。

 ・アクアボール

  ビニール製の巨大なボールの中に入って、プールに張った水の

  上を歩いたり、転がったりできるウォーターアトラクション。

   ※8月11日(土)・12日(日)のみ、各日10:00〜17:00、

    国道側芝生広場(屋外)にて

   ※参加には当日配布する「整理券」が必要

 ■日本遺産クイズラリー

 期間:8月1日(水)〜15日(水)10:00〜17:00

 場所:舞鶴赤れんがパーク各所

 賞品:オリジナル日本遺産手ぬぐい、

    オリジナル日本遺産バッチ、

    じゃがりこのフタ(以上、非売品)、

    舞鶴互煎餅

 ■期間限定スイーツと海軍ラムネの販売

 期間:8月1日(水)〜15日(水)10:00〜

 販売メニュー、料金、販売場所(予定):※料金はすべて税込

 ・赤れんがカクテル(赤れんがラムネ)〔420円〕、

  アイスクリーム アラモード〔420円〕

  (赤れんが2号棟 cafe jazz)

 ・たねふねパフェ〔400円〕、

  夏みかんスカッシュ(海軍ラムネ)〔400円〕

  (海側芝生広場ブリックハウス たねふね)

 ・舞鶴パフェ〔700円〕(赤れんが5号棟 5号棟カフェ)

 ・アップルフリッター〔350円〕

  (キッッチンカー DINING BAR JOKE)

 ・肉食ライオン特製ラムネ〔300円〕

  (肉食ライオンの屋外テント)

 ・海軍サイダー〔250円〕(赤れんが3号棟 赤れんがショップ)

 ・大和ラムネ〔350円〕

  (広島お好み焼 ぬらりくらりの屋外テント)

 ■サンセットライブ

 日時:8月4日(土)・5日(日)・11日(土)・12日(日)

    17:00〜18:00

 場所:海側芝生広場(雨天時:赤れんが4号棟)

 出演者、司会進行:

 4日(土):アヤヲ(元ガリバーゲット)、

       α‐STATION DJ寺田有美子

 5日(日):村上紗由里、α‐STATION DJ谷口キヨコ

 11日(土):Qyoto、α‐STATION DJ寺田有美子

 12日(日):森川七月、α‐STATION DJ谷口キヨコ

 ■ゲリラパフォーマー

 日時:8月6日(月)〜9日(木)・13日(月)・14日(火)

    12:00〜17:00

 場所:赤れんが2〜5号棟付近

 パフォーマー:ハマー、ジャグラーみぞん ほか

備考

 期間中、先着2,000名様にα-STATIONのオリジナルうちわを

 プレゼントします。

主催

 舞鶴市、

 一般社団法人京都府北部地域連携都市圏振興社 舞鶴地域本部

 (通称:海の京都DMO舞鶴観光協会)

同時開催

 ■「赤れんがSummer+(サマープラス)」

 内容:2日間にわたって、地元・舞鶴のユニットや舞鶴出身の

    アーティストたちが出演する音楽ライブ

 場所:舞鶴赤れんが2号棟 市政ホール

 日程、入場料(税込)

 ・8月4日(土)17:30〜

  「赤れんが蔵っとほろ酔いAbout Music Night」

   前売1,500円、当日2,000円

 ・8月5日(日)16:30〜

  「赤れんがSummer Jazz+2018」

   前売2,000円、当日2,500円

 一般からの問い合わせ先:

  赤れんがJazzサポーターズ 電話:050-3693-8073

 ■「赤れんがバザール」

 内容:毎月1回、舞鶴赤れんがパークで開催されるクラフト

    中心の物販、飲食が楽しめるバザール

 場所:舞鶴赤れんが4号棟

 日程:8月12日(日)10:00〜15:00

 入場料:無料

 一般からの問い合わせ先:

  海の京都DMO舞鶴観光協会 電話:0773-66-1096

本イベントの公式ホームページ

 http://akarenga-festa-maizuru.jp/summer/

 http://akarenga-park.com/

一般からの問い合わせ先

 舞鶴赤れんがパーク 電話:0773-66-1096


※舞鶴観光の情報は「まいづる観光ネット」を参照してください。

 http://www.maizuru-kanko.net/

※状況によって、イベントの内容を変更・中止する可能性が

 あります。予めご了承ください。


※参考1:「日本遺産」と「舞鶴」

 「日本遺産」とは、文化庁が地域の歴史的魅力や特色を通して、

我が国の文化・伝統を語るストーリーを

「日本遺産−Japan Heritage」として認定するものです。

 舞鶴は、平成28(2016)年4月、「鎮守府 横須賀・呉・

佐世保・舞鶴〜日本の近代化の躍動を体感できるまち〜」として、

日本遺産に認定されました。明治34(1901)年に日本海唯一の

護りの拠点として舞鶴鎮守府が開庁してから100年以上が過ぎた

現在も、赤れんが建造物や水道施設といった海軍ゆかりの施設が、

軍港の歴史を今に伝えています。


※参考2:舞鶴市の紹介

 舞鶴市は、縄文時代から交易の要所として繁栄し、明治34

(1901)年の舞鶴鎮守府(旧海軍の統括機関、初代司令官庁は

東郷平八郎)の開庁以来、日本海側で《唯一の軍港都市》として

発展してきました。

 市内は、戦国武将・細川幽斎が築いた田辺城の城下町として古い

町並みが残る「西地区」。平成28年度の「日本遺産」に認定された

旧海軍ゆかりの「赤れんが倉庫群」など、近代化遺産が数多く残る

「東地区」を中心に形成されています。

 現在、市内沿岸部には海上自衛隊舞鶴地方総監部、第八管区

海上保安本部が設置され、「海上自衛隊」と「海上保安庁」の

拠点が同一の市に設置されている《全国で唯一》の都市です。

 また、舞鶴市は戦後13年間にわたり、海外から約66万人の

引揚者を迎え入れた「引き揚げのまち」でもあり、平成27

(2015)年10月、舞鶴市が所蔵するシベリア抑留と引き揚げに

関する資料570点がユネスコの「世界記憶遺産」に登録されました。

 舞鶴市は、70年以上前、旧ソ連時代のウズベキスタン(平成3年

独立、現在はウズベキスタン共和国)における日本人抑留者の

実直で勤勉な仕事ぶりが「縁」となり、平成29(2017)年11月、

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会における

同国のホストタウンとして、レスリングと柔道の2競技の

事前合宿が決定しました。

  人口:81,382人(平成30年7月1日現在の推計人口)

  面積:342.12k?(平成29年4月1日現在)

  市長:多々見良三(たたみ・りょうぞう)


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0MDEwNiMyMDU0NjgjNDAxMDZfUG1jZ3BBSElHcS5qcGc.jpg ]

関連URL:https://www.value-press.com/pressrelease/205468

提供元:プレスリリース

Bizloopサーチとは?

Bizloop(ビズループ)サーチは、商品・サービス・店舗検索ができるポータルサイトです。あなたの会社の商品・サービスも無料で掲載することができます。
掲載料金は無料です。

新規登録ログイン