お店やサービスをみつけるポータルサイト

日本省力技術研究所

ホーム > 千葉県 > ビジネス > 卸販売 > 精密機器・電子部品 > 日本省力技術研究所

日本省力技術研究所

商品・サービス紹介

2液混合吐出装置・1液精密吐出装置の製造販売をしております【日本省力技術研究所】
当社の二液混合ディスペンサーは容積効率の高い、オリジナル構造のマイクロギヤポンプを使用した液体定量吐出装置で、ポンプの回転角度と吐出量が比例し、温度、粘度等による吐出量の変化がほとんどありません。

当社の二液混合ディスペンサーは容積効率の高い、オリジナル構造のマイクロギヤポンプを使用した液体
定量吐出装置で、ポンプの回転角度と吐出量が比例し、温度、粘度等による吐出量の変化がほとんど
ありません。
そのため、長時間安定した高精度吐出が可能になり、製造工程で従来困難であった二液性接着剤の微量
吐出や、二液速硬化樹脂の吐出自動化、コストダウンに実績を上げています。
また、構造がシンプルなディスペンサーであるため故障が少なく、生産管理上の信頼性・メンテナンス性・
経済性など数々の特長を持っており、車載部品、電池、電子部品、モーター、光ファイバーなどシール、
接着を必要とする生産ラインでコストダウン、品質向上に実績を上げています。
特に微量吐出の分野では実績が多く、20年以上安定して使用されている例も数多く出てきています。

■事業内容■
*2液混合吐出装置・1液精密吐出装置の製造販売。
*卓上型ロボットの販売。
*その他、周辺機器の製造販売。

メニュー・スペック

■製品紹介■
*2液混合吐出装置(2液ディスペンサー)ID-200N 高精度微少量吐出用
二液性接着剤を混合しながら、ノズルから直接1mg程度の微量吐出をしたり、ロボットと組み合わせて
線引き吐出をしたりすることが出来ます。

*2液混合吐出装置(2液ディスペンサーMGP-X020) 微少量吐出用
本機はMGP-況織ヤポンプ2個を、それぞれスピードコントロールインダクションモーターで駆動し、
タイマーでの吐出時間設定、およびボリュームで単位時間当たりの吐出量を可変できる本体と、ワンタッチカプラー使用で、交換洗浄が容易なセパレートミキサーMX-112で構成される2液混合吐出装置です。

*MGP-2111 1液精密吐出装置 微少量吐出用
本機はMGP-況織ヤポンプ1個を、スピードコントロールモーターで駆動し、
タイマーでの吐出時間設定およびボリュームで単位時間あたりの吐出量を可変できる1液精密吐出装置で、周囲条件にも影響されにくく、長時間安定した精密吐出が可能です。

*MGP-3111 1液精密吐出装置 多量吐出用
本機はMGP-祁織ヤポンプ1個を、スピードコントロールDCモーターで駆動する1液精密吐出装置で、
周囲条件の変化にも影響されにくく、長時間安定した精密吐出が可能です。

ギャラリー

商品・サービス名 日本省力技術研究所
カテゴリー ビジネス > 卸販売 > 精密機器・電子部品
価格 詳しくは、お問い合わせください。
所在地

千葉県船橋市前原西1−36−10


連絡先電話番号 047-477-3521
連絡先FAX番号 047-477-3548
アクセス JR「津田沼駅」から徒歩12分
サービスURL http://www.mgptec.co.jp/

日本省力技術研究所

2液混合吐出装置・1液精密吐出装置の製造販売、日本省力技術研究所。
当社は1980年の創業以来、一貫して「粘性液吐出」に関する技術開発を進めてまいりました。
今後も、お客様の声を行動の原点とし信頼される技術力を提供する会社として成長を目指します。
何かお探しの商品等御座いましたら、気軽にお問い合わせ下さいませ。

会社情報(詳細)

会社名 日本省力技術研究所
所在地 千葉県船橋市前原西1−36−10
設立 1980年(創業:1979年)
代表者 杉原 聡
従業員数 10-29人
専門分野 ビジネス > 卸販売 > 精密機器・電子部品
ホームページ http://www.mgptec.co.jp/ 
その他の商品・サービス
  • 日本省力技術研究所 (ビジネス > 卸販売 > 精密機器・電子部品)